美容師が考える、大型サロンのここが素晴らしい!大型サロンで働く3つのメリット

フリーランス(面貸し・委託問わず個人事業主)美容師さんが増える傾向にある昨今ですが、法人格の大型サロン(サロングループ)で働くメリットもたくさんあります!

そこで、私個人の実体験を元にした

『大型サロンのここが素晴らしい』

と言える3つのポイントをご紹介します。

美容学生さんや転職を検討している美容師さんの参考になると嬉しいです!
※ちなみに、日本の美容室は家族経営の小規模サロンや一人サロンの比率が高いので、このブログでは”大型サロン=法人格で2店舗以上”と定義させていただきます

スポンサーリンク

Add Friend

仲間が増える・切磋琢磨出来る環境がある

海外で働いてる今でも、日本に美容師仲間がたくさんいます。
そして、勤務時間も長く、内容が濃い美容師だからこそできる仲間達との関係は今でも私の財産です。
「どっちが上手いか勝負しようぜ!」

などと、朝まで(笑)カット対決をしたライバルたち、
悩んだときに本気で話を聞いてくれた先輩方、
技術的な壁にぶつかった時に朝練にまで付き合ってくれた師匠などなど…
「この人たちがいなかったら、美容師を続けられなかっただろうな」

と心から思える人たちとの出逢いがあったのも、大型サロンにいたからこそだと思います。(この場を借りて感謝です。)
また、日本を離れた今も、仲間たちの相談に乗ったり、逆に気軽に相談したりできる環境ができたのも幸せなことです。

大きいチャンスが回ってくる可能性がある

大前提として、サロン自体に実力があることと、環境が整っていることが条件の話です。
(私が以前勤めていたグループは美容業界誌に取り上げられるスゴイ人がゴロゴロいる)
そのようなサロンや会社には、美容学校や、他のサロンディーラーさんからのセミナー(講習)依頼美容業界誌や一般雑誌からの撮影依頼の話が持ち込まれることもあります。
当然、大きい仕事になればなるほど、サロン内でのオーディションで勝ち残らなければいけなかったりと、大変ですし、
そもそも大型サロンはライバルも多いので、チャンスを掴むためには個人の実力を認められる必要があります。
「実力はあるのにチャンスがない!」
「チャンスさえあれば有名になれるのに!」
なんて思っている美容師さんは、実力派大型サロンに転職してみるのも1つの道かもしれませんね。
スポンサーリンク

美容師以外の仕事のスキルが独立時に役に立つ

チーフやマネージャーなど、ある程度のポジションになってからの話だとは思いますが、
「お客様の髪の毛をキレイにする」
という美容師本来の業務以外の、重要な仕事を任せてもらえることがあります。
それは、マネージメント(運営・経営管理)です。
一言でマネージメントと言っても、色々な分野のマネージメント業務があります。
主なものの例を挙げると、
・人、、、人材育成、技術教育、チームビルディング
・目標、、、売り上げ、業務管理
・物、、、商品、在庫管理
などのマネージメントです。
そのほかにも、ブランディング広告、サロンによっては店舗の内装デザインを任されることなどもありえます。
また、複数の美容室経営者の方達を見ていて感じるのですが、
大型サロンでのマネジメント経験がある美容室経営者の方が、独立後のスタートダッシュがスムーズな傾向があります。
(マネジメント経験が無い方でうまくいってる方もたくさんいるので、あくまでも傾向です)
言い換えると、独立前に“人のサロンで”独立の疑似体験ができるとも言えるかもしれません。
しかもベテラン経営陣の指導付き&個人の独立直後より大きい規模で疑似体験できるという特典つきです。
余談ですが、独立してサロンを出店する前の段階でWebサイトの最低限の知識は付けておくにこした事は無いでしょう。
お店によってはWebの勉強が出来るサロンもあるかもしれません。
もしも、その環境が無い場合は、独立開業の前に下のリンク先を参考にしてみて下さい。

まとめ

美容師に限らず、個人の時代と言われて久しいですが、個人に発信力がある現代では、その傾向はますます強まるでしょう。
そして、苦境に立たされている大型サロンの話もよく耳にします。

ただし、実力派の大型サロン、つまり、強い個人が集まる(育てられる)サロンは今後も生き残っていくことでしょう。

ひとつだけ注意していただきたいのは、大型サロン(大型サロンに限りませんが)の中でも、店舗によって特色が大きく異なるので、組織の運営方針によっては、上記の素晴らしいと思われることが当てはまらない、または、もっと素晴らしい体験ができることもあるかもしれません。
今現在、美容学生の方や転職を考えている方は、その点を踏まえて検討されることをおすすめいたします。
また、「大型サロンに勤めているけど私には合わない!」と悩まれている方は、グループ内の別店舗への移動願いを出す事で悩みが改善されることも充分ありえます。
ここまで、大型サロンのメリットを述べてきましたが、大型サロン、小規模サロン、業務委託サロン、面貸しサロン、などなど色々な選択肢があると思います。
私の場合は、以前勤めていた会社(大型サロン)に『海外で美容師として働く』という美容学生時代からの夢を叶えるための応援もしてもらいました。
あなたが、どの選択肢を選ぶにしても、なりたい自分になれる働き方夢を叶えられる職場と出逢えることを心から願っています。
スポンサーリンク
アジア人美容師

海外で美容師として活動しつつ、日本で美容関係の法人に向けて、顧問(※)としてアドバイスもしています。

※現在、新規の顧問契約はお断りさせていただいております

アジア人美容師の詳しいプロフィール